ステロイド

プロポリスの適量とは

プロポリスが日本で注目されるようになったのは、1991年からです。
抗がん作用があることで一躍人気を集め、研究に取り入れられるようになり多くの健康食品が登場しました。
ハチの巣を無菌状態に保つくらいの物質ですから、その効果は多様にわたります。

一概に、プロポリスと呼んでもブラジルやオーストラリアなどの原産国の違いによって成分や量に違いがあります。
そのため、1日に何㎎摂取すべきかどうか、断言することができません。
プロポリスの適量といえば、約300㎎程度が主流ですがこれは一般的なプロポリスの場合です。
生産量が少ない、原産国が違う、こういった違いによって、多少前後します。

高い抗炎症作用や殺菌作用が期待できる成分が含まれています。
中には、ステロイドなどの成分も含まれているので、過剰摂取は厳禁です。

たとえば、1日600㎎摂取すると過剰摂取ですが、種類によっては400㎎摂取しても問題ない種類もあります。
プロポリスを使用しているメーカーが、どの原産国から採集しているかによって異なるので、商品の成分記載をチェックして調べてみることをおすすめします。

また、プロポリスに含まれる成分を摂取すると、まれにアレルギーが出るという方もいらっしゃいます。
初めてプロポリスを摂取される方は、少量から始めてみましょう。
サプリメントには1日何粒という記載があります。
大抵は1日3粒から6粒という表記がされていますが、初めて飲まれる方は3粒から始めてください。
そのまま継続して飲み続け、調子が良い場合は4粒、5粒、と増やして飲んでみましょう。

サプリメントは毎日飲み続けることで、効果を発揮します。
適量は人によって違いますし、体重や体系、現在の体調なども考慮して決めなければいけません。
体調不良の方がサプリメントを飲んで異常が出た場合は、体調が良い時に飲むべきです。
また、自分の体調と相談しながら自分で適量を見つけましょう。
そうする事で体に負担をかけないようにする事が可能です。