レッド・プロポリスとは?
ステロイド

レッド・プロポリスとは?

主なプロポリスの原産国であるブラジルでは、約500種類を超えるほど採取されています。
中でも12種類のプロポリスが日本にも輸入され近年では注目を集めていましたが、何と今までにはなかった赤い色をしたプロポリスが発見され、話題になっています。
その名も、レッド・プロポリスです。

ミツバチが材料としている植物はユーカリ。
ユーカリから良質な栄養食品として採取されるものの、ユーカリにも様々な種類があります。
ミツバチが集めてくる材料を起源植物と言い、レッドプロポリスの起源植物は4種類あることがわかっています。
植物自体が赤いため、やはり赤い色になってしまったのでしょう。

実は、その赤い色をした物質の方がグリーンよりもフラボノイド含有量が多いことが判明しました。
約1.5倍ものフラボノイドを含んでおり、高い抗酸化作用が期待できるとされています。

新しく発見された新種のため、とても希少価値が高いのです。
また、それだけフラボノイドが豊富だということで注目を集めているものの、絶滅の危機へと発展しないようブラジルでは採集量が調整されています。
日本でも注目を集めている事柄ですが、そう安値で手に入れられることはないでしょう。

グリーン・プロポリスは抗がん作用があると言われています。
対する赤色は、高い抗酸化作用とアンチエイジング効果が期待できます。
イソフラボンも豊富に含まれているので、美意識の高い女性にとってはぜひ取り入れたい物質でもあります。
とはいえ、安値で販売されていることはほとんどありません。
また、国内ではレッドを使ったサプリメントはほぼないに等しいです。
国外商品を探してみると、高値ですがあるかもしれません。

このように、赤いプロポリスは緑よりもとても健康効果に優れていることが判明しました。
また、両方を配合して作られるサプリメントなども登場しています。
バランスよく配合すれば、どちらも良いとこ取りができるわけです。